コピペで激安マイクラサーバーをAWHで構築する【後編】
スポンサーリンク

ここでは、前編に続いてマイクラサーバーの設定をします。

スポンサーリンク

マイクラを常時起動する設定

この設定をすることで、

  • SSH接続を切ったとしてもマイクラサーバーを起動したままにできる
  • マイクラ起動が簡単になる

というメリットがあります。

Macの方は「ターミナル」

windowsの方は「コマンドプロンプト」を開いてください。

まずは「rootユーザー」でSSH接続します。

ssh -p [ポート] [ユーザーID]@[サーバーIPアドレス]

例:ssh -p 55555 sample@192.168.0.1

接続したら/home/minecraft/に移動します。

cd /home/minecraft/

viでboot.shというファイルを作成します。このファイルを起動することでマイクラを起動することができるようになります。

vi boot.sh

そして、中身にこのように記述してください。(初めてファイルを作った時は初めから入力できるみたいです。できない時はshift+Aを押してください。)

#!/bin/sh
java -Xmx3072M -Xms1024M -jar server.jar nogui

escを押して、:wqを入力してviを終了してください。

次にアクセス権限を設定します。

chmod o+x boot.sh

Unixファイルを作成します。

vi /etc/systemd/system/minecraft_server.service

以下のように記述しましょう。記述できなかったらshift+Aです。

[Unit]
Description=Minecraft Server
After=network-online.target

[Service]
ExecStart=/bin/bash /home/minecraft/boot.sh
WorkingDirectory=/home/minecraft/
Restart=always
User=root
Group=root

[Install]
WantedBy=multi-user.target

escを押して「:wq」で終了してください。

先ほどやった設定を読み込むため、設定ファイルを再読み込みします。

systemctl daemon-reload

サービスの自動起動を有効化します。

systemctl enable minecraft_server

ここまではこのように進めてきました。

マイクラを起動します。

systemctl start minecraft_server

アプリからつなげるか試してみてください。

つなげるのを確認したら、一度サーバーを再起動します。

reboot

一度マイクラサーバーに繋げなくなりますが、安心してください。長くても2、3分で再起動できます。

もし、今までの設定がうまくいっていれば、4、5分後には自動でマイクラサーバーが開きます。

おめでとうございます!!ここまでしたら、以下のことができるようになります!!

  • サーバーが起動したら自動で起動でマイクラサーバーが起動できるようになった。
  • SSH接続を切断してもマイクラが動いている。

ちなみにSSH接続はexitで切ることができます。マイクラサーバーは起動したままです。

スポンサーリンク

トラブったら

ここでは、引っかかりやすいポイントをまとめました。どんどん更新していくつもりです。

マジでわからなかったらコメントするか、twitterで聞いていただいて構いません!どしどし聞いてね。

マイクラ起動したら**** FAILED TO BIND TO PORT!と出てくる

変なタイミングでマイクラをストップした時に表示されます。

rootユーザになり、rebootと入力してEnterしてください。

これを行うことでサーバーが再起動し、不具合が治ります。その作業を行うとSSH接続が切れるので、再度接続してください。

スポンサーリンク
おすすめの記事