【無料・有料】失敗しないおすすめVPN5選と比較【9社購入した結論】

【無料・有料】失敗しないおすすめVPN5選と比較【9社購入した結論】

公開日:2021年12月17日

当記事で解決できる悩み(各見出しに対応)

当記事ではおすすめの無料・有料VPNを5つ紹介する。

20社のVPN業者から基準を設けて10社を選別し、そのうち有料VPN9社を実際に契約した上でおすすめVPN5社を選別した。

VPNを使い始める前に当記事を読み込んで欲しい。そうすれば自分にあったVPNサービスを見つけられるだろう。

そして、自分の選んだVPNサービスに満足できるはずだ。

結論だけ言うとNordVPNが一番お勧めである。主要動画配信サービスにブロックされておらず、広告ブロック機能も強力に作用する。当サイト管理人も3年愛用している。

>>最大68%OFFセール中!NordVPNを見てみる
※30日間の返金保証あり

VPNとは?仕組みと利用する意味を解説

VPNとは?仕組みと利用する意味を解説

VPNとは「ネット上に自分専用の通信トンネルを作成し、その間で安全にデータをやりとりする仕組み」である。上記画像と下記動画でなんとなく理解できればOK。

動画解説ならExpressVPNのYouTube動画が分かりやすい。90秒で要点を解説してくれる。

VPNを利用するとPC・スマホからVPNサーバーまでの安全な通信を確保できる。そのため、危険なWi-Fiスポットなどから通信データを保護できる。

また各国に設置されたVPNサーバーを利用すると、海外限定の動画を見たり海外の安い金額でサービスを受けられる。

VPNのメリット
VPNの利用は一石二鳥のメリットを受けられる。

つまりVPNを利用するメリットは、「危険なネットワークから通信を保護できること」や「海外のネットに接続し、お得なサービスを享受できること」にある。

続いてはVPNを利用すべき人をパターン別に紹介する。

VPNを利用するべき人とは?

VPNを利用すべき人はズバリ「通信の保護をしたい人」と「各国ネットに接続したい人」である。具体的には以下のような人だ。具体例を列挙しながら解説する。

  • フリーWi-Fiを安全に利用したい人
  • 【Youtube Premiumなど】ネット上のサービスを安く利用したい人
  • 海外から日本のサービスを利用したい人や、日本から海外のサービスを利用したい人

フリーWi-Fiを安全に利用したい人

現在は多くのWEBサイトでhttpsを利用しており、普通のWEBサイトを見る分には危険性は少なくなった。

httpsは通信データを暗号化する仕組み。ブラウザのサイトURLに南京錠マークがあればhttps通信だ。もちろんこのサイトもhttpsを利用している。

しかし全ての通信が安全に行われているとは限らない。PCやスマホはWEBサイト以外とも常時通信しており、その通信が安全である保証はない。

また、Wi-Fiスポットの名前を偽装して通信データを盗聴する手口があるのも事実。通信内容はわからなくとも、通信先のサイトや通信元の端末情報は少しの知識でわかってしまう。

(日本語に翻訳した上での概要)
空港に本物そっくりの無料Wi-Fiスポットを設置した。その結果4時間で2000人以上から800万を超えるデータパケットを確認。データから利用デバイス・利用したサイト(Google・Gmail・Twitterなど)・デバイスとユーザーIDなどを確認できた。

Avast Wi-Fi Hack Experiment Demonstrates “Reckless” Behavior of Mobile World Congress Attendees

以下は自分の通信データを可視化したものであり、犯罪には当たらない。このように個人でも通信データは確認できる。

少し調べれば、IPアドレス「118.27.XXX.XX」はこのブログ(sukiburo.jp)であるのが判明してしまう。(現在はサーバー移転でIPアドレスは変更された)


中身が見れる通信の存在が理解いただけたはずだ。通信相手はAppleであり、通信内容はほとんどないためこの通信自体は問題ない。

VPNを利用するとIPアドレスが書き換えられ、簡単に通信の安全を確保できる。また通信データも暗号化してより安全にネットを利用できる。

通信の宛先がVPNサーバー(89.187.XXX.XXX)になっている。元々の通信先はわからなくなった。

VPNに接続した際は全ての通信内容が暗号化される。通信を盗聴されても安全だ。

VPNは危険な通信から簡単に自衛できる強力なツールだ。

【Youtube Premiumなど】ネット上のサービスを安く利用したい人

VPNを利用すると今いる場所を世界中の場所に偽装できる。その偽装先を物価が安い国にすると、お得にサービスを利用できる。

VPNを利用してネット上のサービスを安く利用する。
日本にいながら同じサービスを安い価格を利用できちゃう。

例えばVPNを利用すると、アルゼンチンの料金でYouTube Premiumを契約できる。その料金はたった月130円。これだけでVPN料金は十分回収でき、お釣りがくる。

アルゼンチンのYouTube Premiumのサイト。料金が119アルゼンチンペソ(=約130円)である。

VPNを利用した契約手順はこんな感じ。VPNを各国サーバーに設定し、接続ボタンをポチるだけでお得を享受できる。

  • 各国のVPNに接続する
  • サイトにアクセスする
  • お得に契約する

【Netflixなど】海外から日本のサービスを利用したい人・日本から海外のサービスを利用したい人

VPNを利用すると普通は海外でしか見れない海外作品を日本にいながら視聴できる。

例えば通常日本のNetflixから「INK MASTER」という作品は見れない。しかしVPNを利用すると日本から当作品を見れる。

アメリカ版Netflix
日本版Netflix。「INK MASTER」と検索しても出てこない。

NetflixでVPNを利用すれば、日本にいながら世界中の日本未公開作品を視聴可能だ。もちろん追加料金は発生しない。

逆にVPNを海外から利用すると、日本の動画配信サービス(Netflix・Amazon Prime・Tver・Abema)を海外から視聴できる。

なお当サイトでは紹介しているおすすめVPNを全て契約し、主要動画配信サービスに接続できるか適宜確認している。動画サービスに接続できるVPN会社をすぐ知りたい方はこちらで確認できる。


以上VPNを利用する3パターンを紹介した。VPNを利用するとセキュリティ向上ネット上のサービスをお得に利用できることがわかって頂けたはずだ。

【結論】おすすめの無料・有料VPN5選

【結論】おすすめの無料・有料VPN5選

おすすめの無料・有料VPN5選は以下の通り。当サイトでは契約したVPNを大きく「お金・利便性・セキュリティ」の観点から厳選した。(VPNの詳しい比較結果はこちら。)

こちらがVPNの比較表である。比較項目別の詳しい解説は『VPNを機能別に徹底比較する』で解説した。なお今回紹介するVPNサービスは全てノーログだ。

料金返金保証期間学割動画サービス接続通信速度同時利用デバイス日本サーバー数(実測)アプリ使いやすさ日本語サポート
NordVPN普通30日間安定680+
Surfshark激安30日間少し遅めunlimited33
ExpressVPN高め30日間×高速安定525++
MillenVPN高め30日間×高速安定56+
ProtonVPN(無料版)と有料VPNを比較するのは酷なので、有料VPNのみ表で比較した。

続いて今回紹介するおすすめVPNサービスの詳細を確認していこう。

NordVPN

NordVPN
2年プラン月毎料金返金保証期間接続可能動画サービス(主要4サービス)同時利用デバイス日本サーバー数(公式)
¥38030日間Netflix・Amazon Prime・Tver・Abema6台80+α

NordVPN総合的に優秀なVPNサービスだ。サーバー数が多く、主要な動画視聴サービスがブロックされてない。機能の割には価格も安く、当サイト管理人も愛用している。

NordVPNの利用レビューはNordVPNの利用レビュー記事をご覧いただきたい。不具合に遭遇しサポートに解決してもらった事実も記した。

【不具合遭遇】NordVPNの評判と使用レビュー【結論おすすめ】
【不具合遭遇】NordVPNの評判と使用レビュー【結論おすすめ】

NordVPNは通信速度も安定しており、提供しているアプリも非常に使いやすい。

履歴・プリセット・お気に入りサーバー・国選択が一画面で済む。

また、CyberSecという広告・危険サイトをブロックする機能を追加料金なしで利用できる。

広告ブロック機能はかなり優秀で、ブラウザ(SafariやChrome)以外のアプリ内広告も消してくれる。そのためスマホの無料アプリにある広告が大幅に減る。正直ブロガー泣かせである。

写真はジモティーという不用品をやり取りするアプリ。2ヶ所の灰色部分に本来広告が出現するが、NordVPNが消してくれた。

NordVPNは総合的にバランスの取れた優秀なVPNサービスだが、「最安」を求める方にはおすすめしない。次に紹介するSurfsharkの方が安く利用できる。

NordVPNは「総合的に使いやすいVPNサービスを求める方」におすすめだ。迷ったらこれを選択すればVPN選びに失敗しない。

NordVPNの登録方法と使い方は以下の記事をカンニングしよう。利用者だからわかる見落としがちな注意ポイントも交えて解説する。

【愛用者が語る】NordVPNの登録から使い方【1記事で理解】
【愛用者が語る】NordVPNの登録から使い方【1記事で理解】

>>最大68%OFFセール中!NordVPNを見てみる
※30日間の返金保証あり

Surfshark

Surfshark
2年プラン月毎料金返金保証期間接続可能動画サービス(主要4サービス)同時利用デバイス日本サーバー数(実測)
¥30930日間Netflix・Amazon Prime・Tver(1/3)・Abemaunlimited33

Surfsharkコスパ最強VPNだ。格安でありながらも利用端末数無制限や広告ブロック機能など、利用者に嬉しい項目をしっかり抑えている。

日本サーバーも33個確認できるなど、安いながらも投資をしっかり行っている。

格安価格帯のVPNサービスで日本サーバーが33個もあるのは、調べた範囲ではSurfsharkだけ。

欠点は他の有料サービスに比べて回線スピードが気になったところ。NordVPNやExpressVPNと比較して、動画配信サイトに接続した際の回線スピードが遅く感じた。

またTverはブロックされている模様。

2022/4/16日現在ではTverにも接続できた。

2022/6/5現在では接続テストした3サーバーのうち2サーバーでTverがブロックされていた。(接続テスト結果を確認する)

Surfsharkは「WEBサイト閲覧時のセキュリティを格安価格で守りたい」方におすすめだ。

Surfsharkの評判と詳しい利用レビューは以下の記事で詳しく確認できる。

Surfsharkの評判と使用レビュー【安さの裏に不具合あり?】
Surfsharkの評判と使用レビュー【安さの裏に不具合あり?】

>>コスパ最強!Surfsharkを見てみる
※30日間の返金保証あり
※特別オファー!二年プラン契約でさらに3ヶ月無料!

ExpressVPN

ExpressVPN
1年プラン月毎料金返金保証期間接続可能動画サービス(主要4サービス)同時利用デバイス日本サーバー数(実測)
¥104030日間Netflix・Amazon Prime・Tver5台25++
料金は1$=125¥として計算した。

ExpressVPN安定した速度と品質を期待できる高級VPNだ。

円安傾向のため、ExpressVPNはより高級VPNとなっている。

国内接続は他VPNサービスとあまり差が出なかったものの、海外接続時には安定した速度を叩き出した。また接続可能国数が94カ国存在し、今回紹介したVPNの中でもトップである。

また、アプリのシンプルさが特徴。同じ場所のサーバーを頻繁に使う方にはとても使いやすい。

こちらはExpressVPNのスマホアプリ版。パソコン版も同じ見た目をしている。

欠点はやはり価格。NordVPNやSurfsharkと比較すると割高に感じるだろう。

また、Amazon Prime・Abema(動画再生されない)・Steam(表示崩れ)はブロックされている模様。

2022/4/16日現在Amazon Prime・Abema・Steam全て正常に接続できたが、vikiが1サーバー接続できなかった。

2022/6/5現在ではAbemaに接続できず、vikiはテストした3サーバー中1サーバー接続できなかった。しかしAmazon Prime・Steamとも正常に接続できる。(接続テスト結果を確認する)

ExpressVPNは「海外経由からの通信を安定して行いたい」方におすすめだ。

>>海外利用に強い!ExpressVPNを見てみる
※30日間の返金保証あり
※特別オファー!一年プラン契約でさらに3ヶ月無料!

ProtonVPN

ProtonVPN
同時利用デバイス日本サーバー数
1台4

ProtonVPNではノーログ・通信制限なしの無料プランを利用できる。ノーログ・通信制限なしの無料プランを提供する会社はProtonoVPNだけだ。

利用制限ありのVPNだとTunnelBearが有名。月500MBまでの制限がある。

無料プランでは日本サーバーが8つ(4つに減少)しか利用できないが、基本どこかのサーバーには余裕がある。文字のニュースを見る程度なら問題なく利用できる。

欠点は通信速度が低速で、通信容量が必要なサイト(動画サイトなど)には繋がりにくいところ。Netflixなどにはそもそも接続できずタイムアイトになってしまった。

またサーバーへの接続に時間がかかりアプリが重いところも気になるポイント。

ProtonVPNは「軽いWEBサイト閲覧時のセキュリティを守りたい」方におすすめだ。

>>無料ならこれ一択!ProtonVPNを見てみる

MillenVPN

MillenVPN
3年プラン月毎料金返金保証期間接続可能動画サービス(主要4サービス)同時利用デバイス日本サーバー数(実測)
¥96830日間Netflix・Tver5台6+

MillenVPN安定した通信と日本語サポートを期待できる。

日本サーバーはNordVPNやSurfsharkよりも安定している。また日本の会社なので、完全な日本語サポートを求める方にはおすすめできる。

欠点はもちろん価格。NordVPNやSurfsharkと比較すると価格の割に機能が少なく、かなり割高である。

NordVPN・Surfsharkのように広告ブロック機能もなければ、特殊サーバーもない。Made in Japan価格なのだろう。

また、Amazon Prime・Abema・Viki(1/3)はブロックされている模様。日本サービスなので頑張って欲しかったが少し残念。

2022/4/16日現在Amazon Prime・Abema・Vikiにブロックされている。『高い金取るんやから改善しろや!』と本気で思った。

2022/6/5現在Amazon Prime・Ameba・vikiいずれも接続できず。

MillenVPNは「完璧な日本語サポートを希望し、日本企業を応援したい心優しい方」におすすめだ。

>>完全日本語サポート!ExpressVPNを見てみる
※30日間の返金保証あり

おすすめVPNを機能別に徹底比較する

おすすめVPNを機能別に徹底比較する

続いてはおすすめVPNを機能別に比較してみよう。

当サイトでは「お金・利便性・セキュリティ」の比較基準3項目を細かく区切り、11項目でVPN各社を比較した。自分が重視する点を確認しよう。

  • お金
    ・価格
    ・返金保証期間
    ・学割
  • 利便性
    ・動画配信サービスなど、各種サービスがVPN経由で利用できるか
    ・VPN利用時の通信速度
    ・同時利用可能デバイス数
    ・VPNサーバー数・VPNサーバー設置国数
    ・パソコン・スマホのアプリ【利用可否と使いやすさ】
    ・サポート体制【日本語OKか】
  • セキュリティ
    ・ノーログポリシー【会社の所在地も】
    ・支払い方法【モネロ (XMR)が利用できるか】

価格

料金比較表NordVPNSurfshark VPNExpressVPNMillenVPN
1ヶ月¥1370¥1579¥1618.75¥1628
6ヶ月¥1248.75
1年¥570¥489¥1040¥1078
2年¥380¥309
3年¥968
料金は1$=125¥として計算した。

有料VPNの価格を比較すると『Surfshark < NordVPN < ExpressVPN < MillenVPN』となる。この構図は基本変わらない。直近ではExpressVPNが円安傾向でお高め。

結論。価格『だけ』で比較するなら、無料重視ならProtonVPN一択、普段使いできる格安VPNをお求めならSurfsharkがおすすめだ。

返金保証期間

NordVPNSurfshark VPNExpressVPNMillenVPN
30日間30日間30日間30日間

いずれも有料VPNも30日間の返金保証期間を用意している。

VPNを使い始めたら初めに通信速度などを確認してみよう。もし使い始めたVPNに満足行かなかったらガッツリ返金してもらおう。

学割

NordVPNSurfshark VPNExpressVPNMillenVPN
××

学割はNordVPNSurfsharkで利用できる。私は3年前にNordVPNの学割を利用して得させてもらった。

【定期更新】 動画配信サービスなど、各種サービスがVPN経由で利用できるか

2022/6/5NordVPNSurfshark VPNExpressVPNMillenVPN
Netflix3333
Amazon Prime3330
TVer3133
Abema3300
viki0310
GYAO!3333
Steam3333
各社ランダムに3サーバーを選び、接続できたサーバー数を表示。3が最高

2022/6/5に接続チェックをした。

各社サーバーの選択方法と、選択したサーバーの情報
  • NordVPN: 日本サーバーの中からランダムに3サーバー選択
    (#572: 89.187.XXX.XXX, #593: 212.102.XX.XXX, #604: 203.10.XX.XX)
  • Surfshark: 日本サーバーの中からランダムに3サーバー選択
    (#17: 37.19.XXX.XXX, #18: 37.19.XXX.XXX, #20: 37.19.XXX.XXX)
  • ExpressVPN: 東京・東京2・渋谷・横浜からランダムに3サーバー選択
    (東京: 91.234.XXX.XXX, 渋谷: 103.142.XX.XX, 東京2: 45.8.XX.XXX)
  • MillenVPN: 日本サーバーからランダムに3サーバー選択。こちらから指定不可。
    (173.245.XXX.XXX, 173.245.XXX.XXX, 173.245.XXX.XXX)
以前のVPN接続調査の結果

これ以前のSurfsharkはサーバーを指定してない。

2022/4/16NordVPNSurfshark VPNExpressVPNMillenVPN
Netflix3333
Amazon Prime3330
TVer3333
Abema3330
viki3320
GYAO!3333
Steam3333
各社ランダムに3サーバーを選び、接続できたサーバー数を表示。3が最高

2021/12/12NordVPNSurfshark VPNExpressVPNMillenVPN
Netflix3333
Amazon Prime3300
TVer3033
Abema3310
viki3332
Steam3313
各社ランダムに3サーバーを選び、接続できたサーバー数を表示。3が最高

最新の調査結果ではNordVPNがviki・SurfsharkがTVer・ExpressVPNがAbemaとvikiにそっぽを向かれてしまった。MillenVPNは一切改善されず。

NordVPNは2回連続で全てのサービスに接続できた。

今回の調査結果ではNordVPNはvikiにブロックされてしまった。それでも(vikiを見ない限り)動画配信サービスを利用する場合NordVPNがおすすめ。

なぜならNordVPNはサーバー数が圧倒的に多く、サーバーは高頻度で入れ替わるから。そのためサービスにブロックされても数の暴力で繋がるサーバーを見つけられる。

なお今回利用したVPNでは、YouTube、GYAO!などの動画配信サービスや5ch、Line、twitte等のサービスはブロックされなかった。

接続確認してほしい動画配信サービスやサイトがあったら、コメントで教えてほしい。各VPNで接続確認をして、結果をお伝えする。

VPN利用時の通信速度

デバイス計測項目通常NordVPNSurfshark VPNExpressVPNMillenVPN
PC(Wi-Fi)DOWN208115182178190
UP199146194112166
PING10.49.3510.315.69.05
iPhone(au)DOWN20.423.46.317.225.1
UP0.3621.145.181.080.445
PING667070.569.5101
測定方法: CloudflareのSpeed Testを利用。一定時間の間に何度も測定してくれ、信頼度の高いデータを提供してくれる。

通信速度はExpressVPNMillenVPNが安定していた。しかし、計測タイミングや端末のある環境によって通信速度は大幅に変化する。(例えばスマホでは、通常時よりVPN接続時の方が早くなったりしている。)

そのため気になるVPNサービスは、実際に契約して自分の環境における通信速度を試してみよう。

速度に満足できなければ返金保証をガッツリ利用してしまおう。

なお機械的な速度検査と実際の体感速度には違いがあった。

NordVPN・ExpressVPN・MillenVPNは動画配信サービスに接続しても快適だが、Surfsharkは遅延を感じた。ProtonVPNだとそもそもサイトに接続できなかったりする。

同時利用可能デバイス数

NordVPNSurfshark VPNExpressVPNProtonVPNMillenVPN
6unlimited515

Surfsharkが制限なしで利用できて圧勝。他のおすすめ有料VPNも最低でも5台接続できる。

VPNサーバー数・VPNサーバー設置国数

2022/6/5NordVPNSurfshark VPNExpressVPNProtonVPNMillenVPN
日本サーバー数(公式and実測)80+α3325++46+
全体サーバー数(公式)55073200不明371300
サーバー設置国数(公式)606594347
NordVPN以外の国内サーバー数は全て手動で計測している。

日本サーバー数はNordVPN以外あくまで『実測値』であることを強調しておく。これより多い可能性(ExpressVPNは特に)は全然高い。

以前のVPNサーバー数・VPNサーバー設置国数の結果
2022/4/16NordVPNSurfshark VPNExpressVPNProtonVPNMillenVPN
日本サーバー数(公式and実測)80+α3325++86+
全体サーバー数(公式)54883200不明1341300
サーバー設置国数(公式)606594350
NordVPN以外の国内サーバー数は全て手動で計測している。

2021/12/12NordVPNSurfshark VPNExpressVPNProtonVPNMillenVPN
日本サーバー数(実測)79+α251343+
全体サーバー数(公式)51203200241300
サーバー設置国数(公式)606594346

確認できた範囲では日本サーバーはNordVPNが80+α(特殊サーバー)で圧倒的。NordVPNは海外サーバー数も充実している。

サーバー設置国ではExpressVPNが多い。海外利用ならExpressVPNは強い。

国内サーバー数の計測方法(手動で計測)

NordVPNは国内サーバー数がアプリ内に書かれているが、他のVPNサービスは明言されていない。

そのため、以下の手順によってサーバー数を(ある程度)特定した。なお、時期によってサーバー数は変化するのを付け加えておく。(わかりやすくするため、IPアドレス数とサーバー数は一対一で対応しているものと推定した。)

  • サーバーに接続。IPアドレスをメモ。
  • 再度サーバーに接続。IPアドレスが既知のものだった場合は「既知のサーバーが出た回数」としてカウント開始。他はIPアドレスをメモ。
  • 既知のサーバーが連続して5回出た地点or25サーバー以上で計測終了。

なおSurfsharkは、静的IP13個11個(2022/4/16現在)を加えた数字である。

MillenVPNはどうにも同じIPアドレスに繋がりやすいようで、国内サーバー数がうまく特定できない。

パソコン・スマホのアプリ【利用可否と使いやすさ】

NordVPNSurfshark VPNExpressVPNProtonVPNMillenVPN
パソコンWindows・Mac・Linux・ChromebookWindows・Mac・LinuxWindows・Mac・LinuxWindows・Mac・Linux・ChromebookWindows・Mac
スマホ・タブレットAndroid・iPhone・iPadAndroid・iPhone・iPadAndroid・iPhone・iPadAndroid・iPhone・iPadAndroid・iPhone・iPad
拡張機能Chrome・Firefox・EdgeChrome・FirefoxChrome・Firefox・Edge
使いやすさ(個人差)

今回紹介したおすすめVPNは基本的にどのデバイスでも利用できる。またNordVPN・Surfshark・ExpressVPNにはブラウザの拡張機能が存在する。

しかしアプリの使い心地も考慮すると、日本語対応かつサーバー選択をしやすいNordVPNExpressVPNがおすすめ。(個人差アリ)

サポート体制【日本語対応OKか】

NordVPNSurfshark VPNExpressVPNProtonVPNMillenVPN
日本の会社××××
ライブチャットで日本語×

完全な日本語対応を求めるなら日本企業のMillenVPNがおすすめ。NordVPN・Surfshark・ExpressVPNもライブチャットで日本語翻訳しながらサポートが受けられる。

個人的にNordVPNのサポートは丁寧で印象が良かった。ネットに繋がらなくなった際はTwitter経由で丁寧なサポートをして頂いた。

Surfsharkのライブチャットは非常につながりにくい。そのためメールでのサポートがおすすめだ。(メールの返信は早い)

ノーログポリシー【会社の所在地も】

NordVPNSurfshark VPNExpressVPNProtonVPNMillenVPN
ノーログ
会社所在地(法解釈地)パナマオランダ・英領バージン諸島英領バージン諸島スイス日本

今回紹介したおすすめVPNサービスはいずれもノーログを宣言しており、プライバシーポリシーを読んでも問題はなかった。強いていうなら監査をパスしたNordVPNSurfsharkが良い。

NordVPNがログなしポリシーの第三者検査を再び実施 | NordVPNnordvpn.com
Cure53 audit approves server infrastructure - Surfsharksurfshark.com

監査を行うことでノーログポリシーの遵守を第三者に証明してもらえる。NordVPNとSurfsharkはどちらも2018年・2021年の監査をパスしている。

逆にログとして「保存される」データとは?

当たり前だがEメールなどのアカウント情報は認証のため保存される。

アカウント情報以外に各VPN業者が「保存する」と行っているデータはこちら。ノーログポリシーには抵触しない。

  • NordVPN
    ・同時セッション数を制限するために、ユーザー名と最後のセッションのタイムスタンプをセッション終了から15分だけ保持。その後消去。
    ・アカウントを利用or利用しない事実のみ30日間保存
  • Surfshark
    ・ユーザーID・接続タイムスタンプを15分だけ保持。その後削除。
  • ExpressVPN
    ・読んだ限りなし。
  • ProtonVPN
    ・読んだ限りなし。
  • MillenVPN
    ・読んだ限りなし。
各VPN会社の会社所在地と法解釈地について
  • NordVPN
    ・会社所在地・法解釈ともにパナマであり、問題なし
  • Surfshark
    ・会社所在地はオランダ・英領バージン諸島にあるが、法解釈は英領バージン諸島と明言。
  • ExpressVPN
    ・会社所在地・法解釈ともに英領バージン諸島であり、問題なし。ただし、最近ロンドンにある会社に買収されたところがしこりに残る。
  • ProtonVPN
    ・会社所在地・法解釈ともにスイスであり、問題なし
  • MillenVPN
    ・会社所在地・法解釈ともに日本である。他4社に比べてノーログを維持できるかが疑念点。

支払い方法【モネロ (XMR)が利用できるか】

NordVPNSurfshark VPNExpressVPNMillenVPN
クレカVisa・MasterCard・JCB・銀聯Visa・MasterCardVisa・MasterCard・JCB・銀聯基本OK?(visaは使えた)
PayPal×
銀行振込×××
各種PayAmazon Pay・Google PayAmazon Pay・Google Pay
暗号通貨BTC/ETH/XRP/XMR他BTC/ETH/XRP/XMR他BTC/ETH他

どのVPNサービスもクレカが利用できるため、支払い方法に不便はない。

暗号通貨についてはNordVPNSurfsharkがCoinPayments経由でモネロに対応している。外部サービスを避けてモネロを利用するなら、今回のおすすめVPN5選からは外れたがIVPNがおすすめ。

VPNに対するよくある質問【質問コメントOK】

VPNに対するよくある質問【質問コメントOK】

VPNを始める際の疑問点をあらかじめ解消する。他に気になる点があればコメント欄で教えてほしい。

おすすめVPNを選定した方法は?

おすすめVPNの選定方法は以下の通り。

  • 日本のネットでおすすめVPNとして普及されていた20社を選別。比較する11項目のうち、通信速度・サービス接続を除く項目で比較して10社を選定。無料版ProtonVPNを除く9社を実際に契約。
  • 通信速度・サービス接続・契約の簡単さ・アプリの使い心地などの項目を9社で比較し、最終的に4社+1社(ProtonVPN)の合計5社をおすすめVPNとして選定。
実際に購入した有料VPN9選+ProtonVPN
実際に購入した有料VPN9選+ProtonVPN

なお選定過程では全VPN業者の規約・プライバシーポリシーを読んだ。その上でノーログを維持できなそうな会社や、怪しい会社はおすすめVPNからはすぐに除外した。

「自分達は規約を守る義務を持たない」と宣言しちゃうVPN会社がある件について

規約に書いてあった中で一番驚いた文章。声を出して「ええっ」と言ってしまった。

We are under no obligation to enforce the Terms against you.

翻訳するとこんな感じ。

私たちは、あなたに対してこの規約を施行する(守る)義務を負わないよ。

この会社は何のために規約を書いているのだろうか?速攻選考から除外した。ちなみにこの会社はノーログを宣言していた。こんなんで守る気があるのだろうか。


他にもこんな文章を仕込んでいる会社があった。

We may further collect and possibly share your Personal Data to enforce the Terms of Service.

翻訳するとこんな感じかな。

利用規約を施行(守る)ために、お客様の個人データをさらに集めて、場合によっては共有する場合もあるよ。

この項目の続きには、「犯罪や利用規約違反・違反解決のためにこれらを行われる場合がある」と曖昧な書き方をしている。犯罪はもちろん良くないが、曖昧な書き方には疑いを持たざるをえない。

また、この会社はデータをイギリス(5eyes)にある本社に提供する可能性があると言っている。

このように怪しい宣言をしているVPN業者は除外した。また、後に書くが過去にログや個人データが漏れた業者も外した。

おすすめVPNを選定した細かい過程は下のアコーディオンに収納してある。

VPN会社の詳しい選定方法

初めに日本のネット上で普及されているVPN業者20社をピックアップし、比較11項目のうち、通信速度とサービス接続を除く項目で比較。

その比較基準の中でも、以下の基準をクリアした(ProtonVPNを除く)9社を実際に契約。

  • ノーログ(必須)
    →VPN業者は通信先のサイトなどの通信情報の一部が見れる。そのため安心して利用できる基準としてノーログを採用。
  • 法律解釈が14eyes以外であり、規約やプライバシーポリシーに疑惑のない会社(6社)
    ・無料プラン提供(6社中1社)
    ・Monero支払い受付(6社中3社)
  • 価格・返金保証・利便性を比較し、他より優れている(3社)
  • 日本の会社(1社)
    →日本のVPNを選ぶ価値があるか確認するため、半強制的に1社入れた

(ProtonVPNを除く)9社を実際に契約した上で通信速度・サービス接続・アプリの使いやすさを比較して結果的に4社を選択。ProtonVPNを加えた5社を最終的なおすすめVPNとして選んだ。

実際に購入したがおすすめ5選に選ばれなかったVPN会社はこちら。上にあるほどおすすめである。

  • IVPN
    →匿名性が高いMoneroを外部業者なしで利用できた唯一のVPNサービス。もう少し通信速度が早ければMillenVPNの代わりに選定した。
  • vyprvpn
    →日本サーバーが案外多い(25以上)が、速度と値段がネック。ExpressVPNのように海外向けの印象があった。
  • 12VPX
    →スマホからの速度は遅く、日本サーバーも1つしかない。格安なのはかなり魅了的。
  • PrivateVPN
    →30日返金保証と言いながら、一度でもvpnサーバーに接続すると返金不可になるサービス。速度は悪くないが他が微妙。
  • PrivateInternetAccess
    →アプリが重くVPNサーバーに接続がしにくい。サーバーへの接続も時間がかかる。

なぜ「ノーログ」がそれほど大事なの?

なぜノーログが大切なのか。その理由は『VPN会社は通信先のサイトや端末の情報を知ることができるから』である。この点をNordVPNは正直に伝えている。

VPNサーバーに接続すると、ISPはあなたのインターネット上での行動を監視できなくなります。でも、VPNプロバイダーには可能です。このため、プロバイダーが保持するログ(あなたやあなたのオンラインでの活動の詳細) の種類を知ることが重要となります。

NordVPN公式サイトから引用

VPNを利用するとデータを暗号化でき、通信の安全を守れるとフリーWi-Fiの危険性を紹介した章で解説した。しかし逆に、VPN会社は通信先のサイトURLなどをみようと思えば見れるのだ。

そのため「通信先などの情報は絶対見ない。保持しない。」とノーログ宣言しているVPN会社でないと、情報が漏れる可能性があるわけだ。

この点日本のVPN会社は法令上、海外のVPN会社と同じレベルでノーログを維持するのは難しいはずだ。

日本製のVPNはどう?何がおすすめ?

日本製のVPNは基本高いだけで、メリットは完全な日本語対応だけに思える。今回紹介したMillenVPNも住所・電話番号の入力が必須であり正直めっちゃうざい。(法令問題?)

安定した通信環境と完璧な日本語でのサポートを望む場合には、MillenVPNは良い選択肢となり得るだろう。

無料VPNは絶対利用しちゃダメなの?おすすめの無料VPNは?

無料VPNは無料で利用できる代わりに個人データを外部に提供していたり、ログをガッツリ保存していたり、利用制限を設けている。それでもいいなら無料VPNも選択肢に入る。

ノーログであり、利用制限がない無料VPNはProtonVPN一択だと思われる。

ここで紹介したおすすめVPNはトレント(P2P)を利用できる?

無料版ProtonVPNではトレント(P2P)を明文として禁止している。他の有料VPN4社は明文として禁止していない。

However, P2P sharing is only available using one of our paid plans: Basic, Plus, or Visionary.

How to use ProtonVPN for BitTorrent

なおNordVPNはP2P専用サーバーを提供している。トレント(P2P)目的でVPNを利用するならNordVPNが良いと思われる。

ちなみにトレント(P2P)自体には違法性はないが、共有ファイル自体が違法ならアウトである。

各サービスともVPNを違法性のある行為に使うのを禁止しているため、違法性のあるファイルをアップロード・ダウンロードしてはいけない。

逆に避けた方がいいVPNサービスは?

以下のVPNサービスは控えた方がいいと私は考える。

  • HMA(HideMyAss): 2011年ログ提供(ソース)
  • EarthVPN: 2014年爆弾デマが原因でオランダ警察に提供されたログに基づいてユーザー逮捕(ソース)
  • Hotspot Shield: 2017年トラフィック傍受・広告会社を含むサイトにリダイレクト(ソース)
  • PureVPN: 2017年FBIにログ提供(ソース)
  • DoubleVPN: 2020年法執行部に押収されたサーバーからログ、アカウント情報(ソース)
  • WindScribe: 2021年サーバー暗号化なし(ソース)

ちなみにProtonVPNの親戚サービスであるProtonMailも、スイス当局からの命令でフランス活動家のIPアドレスを公開している。(ソース)


VPNを使い始める前に不安な点がある場合、コメント欄かtwitterで聞かせてほしい。出来る限り疑問を解消する。

失敗しないおすすめVPN5選のまとめ

  • NordVPN: 総合1位。これを選べば失敗しない。
  • Surfshark: 格安VPN。ネットサーフィン程度ならこれ。
  • ExpressVPN: 安定した通信。海外通信に強い。
  • ProtonVPN: 無料VPNならこれ一択。
  • MillenVPN: 日本語サポートに期待。

以上5つのおすすめVPNから自分に合うサービスを選択すれば、VPN選びに失敗しない。VPNを使い始め、満足いかなかったら遠慮なく返金保証を受けよう。

この記事を参考に自分にあうVPNサービスを見つけ、そして、ネットをより安全に・より便利に活用していただければ幸いである。

>>最大68%OFFセール中!NordVPNを見てみる
※30日間の返金保証あり

次に読みたいVPN記事リスト

NordVPNの使い方は以下の記事参照。見落としがちな注意点も含めてNordVPNの使い方をご案内する。

>>【愛用者が語る】NordVPNの登録から使い方【1記事で理解】

【愛用者が語る】NordVPNの登録から使い方【1記事で理解】
【愛用者が語る】NordVPNの登録から使い方【1記事で理解】

1番おすすめするNordVPNについてもっと確認したい方は以下の記事参照。不具合遭遇経験も含め、本音のレビューを確認できる。

>>【不具合遭遇】NordVPNの評判と使用レビュー【結論おすすめ】

【不具合遭遇】NordVPNの評判と使用レビュー【結論おすすめ】
【不具合遭遇】NordVPNの評判と使用レビュー【結論おすすめ】

Surfsharkのレビューは以下の記事参照。

>>Surfsharkの評判と使用レビュー【安さの裏に不具合あり?】

Surfsharkの評判と使用レビュー【安さの裏に不具合あり?】
Surfsharkの評判と使用レビュー【安さの裏に不具合あり?】

関連記事

NordVPNを使っていてネットが全く繋がらなくなった時の対処

NordVPNを使っていてネットが全く繋がらなくなった時の対処

MacでDNSリークを防ぐために

MacでDNSリークを防ぐために"常時"NordVPNのDNSを使う方法【写真つき】

Surfsharkの評判と使用レビュー【安さの裏に不具合あり?】

Surfsharkの評判と使用レビュー【安さの裏に不具合あり?】

VPNの仕組み本当にわかってる?VPNの仕組みを1枚の画像で説明!

VPNの仕組み本当にわかってる?VPNの仕組みを1枚の画像で説明!

【愛用者が語る】NordVPNの登録から使い方【1記事で理解】

【愛用者が語る】NordVPNの登録から使い方【1記事で理解】

【不具合遭遇】NordVPNの評判と使用レビュー【結論おすすめ】

【不具合遭遇】NordVPNの評判と使用レビュー【結論おすすめ】

Torの仕組み本当にわかってる?Torの仕組みを1枚の画像で説明!

Torの仕組み本当にわかってる?Torの仕組みを1枚の画像で説明!

コメント

*