【失敗しない】ConoHa VPSでマイクラMODサーバーを立てる方法
魔理沙
ConoHa VPSでMODサーバーを立てようと思ったけど、どうすれば良いんだ?私には難しそうだぜ・・・

この記事はこんな悩みを持っている方向けです。

ゆう
こんにちは、ゆうです
魔理沙
魔理沙だぜ

皆さん、マイクラ好きですよね!

そんなマインクラフト、こんな要望を持つ人も多いと思います。

魔理沙
MODを入れたサーバーを立てて、みんなで楽しく遊びたいんだぜ!

ということで、今回はConoHa VPSを使用して、MODサーバーを立てていきたいと思います。もちろん、実際にMODも入れますよ。

ゆう
この記事では、自分で好きなMODを入れたいと思ったときにでも同じ手順を再現できるように解説していくよ
是非みていってね
魔理沙
MODサーバーで遊ぶのが楽しみだぜ

ではいきましょう!

※この記事ではMODサーバーを構築します。もし、ConoHa VPSでバニラサーバーを構築したい方は『ConoHa VPSでマイクラマルチサーバーを構築する』をご覧ください。

※もっと詳しくConoHa VPSについて知りたいという方は『ConoHaのメリット・デメリット・よくある質問をまとめた記事』をご覧ください。ConoHa VPSについて詳細に記述してあります。

ConoHa VPSのアカウントを作成する

ConoHa VPSのアカウントを作成する

まずはアカウントを作成します。

ConoHa VPSアカウント作成ページ』を開き、『今すぐお申し込み』をクリックしてください。

※当サイト限定1000円クーポンをゲットできます
※1000円分使用するまで、ConoHa VPSを完全無料で体験できます

ボタンを押すと画面が切り替わり、申し込み画面が開きます。『はじめての方』に必要な情報を入力し、『次へ』を押してください。

次に本人確認を行います。

本人確認のため、SMS認証か電話認証を求められます。番号を入力し、認証する方法を選択してください。

ゆう
SMS認証の方が、携帯に番号が送られてくるだけで簡単だよ
今回はSMS認証を選択した場合で説明するよ

電話番号に届いた4桁のコードを『認証コード』の欄に入力してください。

支払い方法を選択します。お好みの支払い方法を選択して、次に進みましょう。

なお、『クレジットカード』を選択した場合、クーポンが切れるまでは一切お金が掛からないのでおすすめです。

以上でアカウント作成は終了です!

ConoHa VPSでサーバーを作成する

ConoHa VPSでサーバーを作成する

ゆう
ここではMODサーバーを立ち上げるために、サーバーを契約するよ
魔理沙
MODサーバーを立てるための第一歩ってことだな

では、早速マイクラサーバーを契約します。『サービス』の真ん中にある『+追加』を選択してください。
※この画面が出ない人はそのまま次に進んでください

次のようなプラン選択の画面が開きます。ご自身の環境に合わせて選択し、『追加』をクリックしてください。

  1. サービス: 『VPS』を選択
  2. VPS割引きっぷ: 長期利用なら「利用する」
  3. プラン: 2G以上がお勧めです。
  4. イメージタイプ: 『OS👉Cent OS』を選択
  5. rootパスワード: 大切なので、誰にも教えないでください!
  6. ネームタグ: 好きな名前をつけましょう。
ゆう
rootパスワードはサーバーにログインする際に利用するから、絶対に忘れないでね

正常に起動したらこの画面に移動します。『ネームタグ』の部分をクリックしてください。

ここではサーバーの情報をみることができます。

その中の『IPアドレス』というところに書かれている数字が、マイクラサーバーにアクセスするために必要になります。メモしておきましょう。

魔理沙
こんな簡単にサーバーを立てられるのか?
ゆう
そうだね。これだけでサーバーを立てることができるんだ
でも、まだ何も入っていない『空』のサーバーなんだ
次はMODサーバー(Forge)を立てていくよ

ConoHa VPSにMODサーバーを立てる

ConoHa VPSにModサーバーを立てる

では、早速ConoHa VPSにMODサーバーを立てたいと思います。

windowsなら「コマンドプロンプト」・Macなら「ターミナル」アプリを開いてください。

コマンドプロンプトは、Windowsシステムツールコマンドプロンプトにあります。

ターミナルは、Launchpadその他ターミナルにあります。

このアプリはこの後何回も使うので、アプリ欄に保存しておきましょう。

それぞれ開くと、いかにもな黒い画面が出てきます。

ターミナル(Mac)
コマンドプロンプト(windows)

魔理沙
いわゆる黒い画面だな
私には難しそうだぜ
ゆう
はじめは黒い画面に戸惑うかもしれないけど、ほとんどはコピペで終わるよ
安心してね

実際にほとんどはコピペで構築することができます。

しかし、一人ひとりの環境・ニーズによって書き換える必要がある場所があります。そのような場所は<カッコ>で括ってあるので、自分の環境に合わせて変更してください。

なお、置き換える必要があるコマンドは、一度メモ帳などに貼り付け、編集して再度コピーするのが良いと思います。

ssh root@<中身を書き換えてカッコを消す> 👈変更前
ssh root@192.0.2.0               👈変更後

ConoHa VPSにSSH接続をする

では、早速サーバーに接続(ログイン) したいと思います。

はじめに、パソコンからSSH接続をします。<192.0.2.0>を、先ほど確認した『IPアドレス』に置き換えてください。<カッコ自体>は消してください。

以下のコマンドを入れたら、Enterを押してください。
なお、今後もコマンドを入力するたび、Enterを入力してください。

ssh root@<192.0.2.0>

(yes/no)が出てきたら、yesと入力してください。
password: と表示されたら、設定した『rootパスワード』を入力します。

※パスワードを入力した際、画面には何も表示されないと思いますが入力はできています。(入力内容が表示されないだけです。)
正確にパスワードを入力しEnterを押してください。

[root@ <IPアドレス> ~]# と表示されていたらご自身のパソコンからConoHa VPSのサーバーに接続できています。

なお、ここからは私が使っているMacの画面が多くなります。しかし、windowsでもほとんど同じように構築できる(ファイルの場所などは違います)ことは確認済みです。

Macと違うところはその都度しっかり解説するので、windowsを使っている方も安心してください。

Javaをインストールする

はじめにMinecraftを動かすために『OpenJDK(Java)』をインストールします。コマンドをコピペしてEnterを押してください。

yum install java-1.8.0-openjdk

このように聞かれたらyを入力し、Enterです。(windowsだと英語で聞かれました)

Complete!または完了しました!と表示されたら成功です。

サーバーにマイクラMODサーバー(Forge)を導入・起動準備

では、次にMODサーバーである『Minecraft Forge』をConoHa VPSに導入したいと思います。

はじめにminecraftフォルダを作成します。

mkdir -p /usr/local/games/minecraft

作成したフォルダに移動します。

cd /usr/local/games/minecraft

Forgeをサーバーにインストールします。今回は1.16.3の安定バージョンを選択します。このコマンドを打つことで、Forgeをインストールするためのファイルがダウンロードできます。
(下にある『他のバージョンが欲しい時』も確認してください)

wget https://files.minecraftforge.net/maven/net/minecraftforge/forge/1.16.3-34.1.0/forge-1.16.3-34.1.0-installer.jar

他のバージョンが欲しい時

MODの種類によっては、最新バージョンでは動かないMODもあります。
そのため、自分が入れたいMODがどのバージョンに対応しているのかをgoogleなどで予めしっかり調べておきましょう。

他のForgeバージョンを使う方法です。

Forge公式サイト』に移動します。

欲しいバージョンを選択し、箱の上の方にある番号を覚えてください。

その番号を、下にあるコマンドの<マイクラバージョン>, <Forgeバージョン>に入れてください。

wget https://files.minecraftforge.net/maven/net/minecraftforge/forge/<マイクラバージョン>-<。Forgeバージョン>/forge-<マイクラバージョン>-<。Forgeバージョン>-installer.jar

なお、この後のコマンドは1.16.3 - 34.1.0を前提としています。そのため、バージョンが違うForgeを利用する場合は、1.16.3 - 34.1.0を自分が使う数字に置き換えてください。

ダウンロードしたファイルを起動します。すると、自動でForgeサーバーに必要なファイルがインストールされます。

java -jar forge-1.16.3-34.1.0-installer.jar nogui --installServer

サーバー名をわかりやすいように変更します。

mv forge-1.16.3-34.1.0.jar minecraft_server.jar

Forgeサーバー(マイクラMODサーバー)の起動をします。

java -Xmx1024M -Xms1024M -jar minecraft_server.jar nogui

魔理沙
あれ、サーバーが止まった。。。なんでだ?
ゆう
利用規約に同意しないといけないんだ

Forgeサーバーを利用するため、利用規約に同意する必要があります。そのため、『eula.txt』を編集します。このコマンドを入力してください。

nano eula.txt

このような画面が開きます。

この画像のように、falseの部分へ矢印キーなどで移動し、falsetrueに置き換えてください。

trueにし終わったらControl/Ctrl+Oを押してください。

Enterを押します。これで設定が保存されます。画面下に...行を書き込みましたと表示されます。

Control/Ctrl+Xを押してnanoを終了します。

自分でサーバーの設定をする際に、ファイルの変更をすることがあります。その際には今やったように、nanoを利用して編集しましょう。一度やってしまえば簡単だと思います。

最後に、ファイアウォールを開放します。よく忘れられているので、しっかり設定をしてください。

ゆう
ファイアウォールは、不正なアクセスを防ぐために、許可をしていない通信を遮断するものなんだ
この設定をすると『マイクラの通信は許可する』ことができるんだ

sudo firewall-cmd --add-port 25565/tcp --zone public --permanent
sudo firewall-cmd --reload

successと表示されればOKです。

パソコンにForgeをインストールする

続いてパソコンにForgeをインストールします。再度『Forge公式サイト』に移動してください。

サーバーにインストールしたバージョンと同じ物を選択し、『Installer』を選択します。

5秒程待ち、画面右上に『SKIP』が表示されたらクリックしてください。ファイルがダウンロードされます。

ダウンロードしたらそのファイルをクリックします。

うまく起動しない。。

Macをお使いの場合、このように表示されることがあります。一度OKを押してください。

システム環境設定セキュリティとプライバシー一般を開き、『このまま開く』を選択してください。

『開く』を選択すればファイルが開きます。

何もせず、『OK』をクリックします。

インストールが終わりました。OKをクリックしてください。

Forgeサーバーを起動してサーバーにアクセス

ゆう
とりあえずForgeサーバーの準備はできたよ
まだMODは導入していないけど、一度接続できるか試してみよう
魔理沙
ついにサーバーにアクセスするんだな!

これでForgeサーバーの準備は整いました!サーバーを起動してみましょう。

java -Xmx1024M -Xms1024M -jar minecraft_server.jar nogui

『Done!』が表示されていたら、サーバーの起動は成功です。

早速ConoHa VPSで作成したForgeサーバーに入ってみましょう。

Minecraftアプリを開いて、Forgeのマイクラバージョンを選択し、「プレイ」を押してください。

マルチプレイ』を選択します。

ダイレクト接続』を選択します。

IPアドレス』を入力し、マイクラサーバーに接続してみましょう。

Forgeサーバーにアクセスすることができした。ここまでで、MODが入っていないForgeサーバーを構築することができました。

接続確認できたらサーバーから抜けます。『ゲームメニュー』から『切断』を選択し、マイクラアプリを閉じましょう。

サーバーを止めます。stopと入力してください。

stop

サーバーの起動の確認ができたので、一度サーバーとのコネクションを閉じます。exitと入力してください。

exit

ちょっと休憩

👇休憩なんていらねぇって方、続きはこちらです。

休憩がてら、是非アンケートの回答をお願いします。

ゆう
実はこの記事では実験的に『魔理沙』を相方にしてみたんだ
他の記事では『ばーど』を使っているけど、読者さんはどっちがお好みですか?
是非回答お願いします
魔理沙
回答結果によっては、『ばーど』が全て私に置き換わるんだぜ
ばーど
俺の立場を脅かさないでくれ。。。

サーバー・パソコンにMODを導入する

サーバー・パソコンにModを導入する

では、本題のMODを導入していきたいと思います。

MODには2種類あり、サーバー・パソコンどちらにも導入するものと、パソコンのみに導入するもの2種類あります。

今回はサーバーにも導入する必要がある『CutAllSMP』という木こりMODを導入してみたいと思います。

MODをサーバーに導入する際には、一度必要なファイルをダウンロードし、そのファイルをサーバーにアップロードするのが一番簡単です。

ゆう
この手順は他のMODを導入するときにも利用できるので、是非覚えてね

パソコンにMODをダウンロードする

まずは木こりMODをパソコンにインストールします。『CutAllSMP配布サイト』に移動してください。

画面を下に移動すると『Recent Files』という場所が出現します。そこにある『1.16.3 CutAllSMP』を選び、右側のボタンを押します。

自動で自分のパソコンにダウンロードされます。もしされない場合は、『click here』を押しましょう。

サーバーにMODを導入する

次にそのファイルをサーバーにアップロードします。ここはご自身の環境によって2箇所変更していただきます。

<mod_CutAllSMP_v2.5.2.jar>は、『CutAllSMP』がダウンロードされた場所を入力してください。
また、<192.0.2.0>もご自身のIPアドレスに変換してください。

scp <。mod_CutAllSMP_v2.5.2.jarがある場所> root@<192.0.2.0>:/usr/local/games/minecraft/mods

なお、windows・Mac共にファイルをドラッグするとファイルがある場所を自動で出力してくれます。なので、scp と入力したら空白を入力し、ダウンロードしたファイルをドラッグすると簡単です。

rootのパスワードを入力し、このように表示されていたら成功です。

これでConoHa VPS側のMODサーバーのセットアップは終わりです。あとはMODサーバーを起動するだけです。

サーバーに再度接続します。

ssh root@<192.0.2.0>

マイクラサーバーがあるファイルに移動します。

cd /usr/local/games/minecraft

サーバーを起動します。

×_+
java -Xmx768M -Xms768M -jar minecraft_server.jar nogui
java -jar minecraft_server.jar nogui

先ほどと同じように、「Done!」と表示されたら完了です。

ゆう
これでConoHa VPSでの設定は終わりだね
最後にパソコン側のマイクラにMODを導入するよ
魔理沙
もう少し頑張るぜ♪

パソコンにMODを導入する

MODをパソコンのマイクラに追加します。先ほどダウンロードした『CutAllSMP』をMODフォルダに移動してください。

Macなら: /Users/<ユーザー名>/Library/Application\ Support/minecraft/mods

windowsなら: C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming.minecraft\mods

にMODフォルダがあります。(もしわからなくても、あとで入れられます。そのまま進みましょう。)

MODサーバーに接続する

Modサーバーに接続する

ゆう
お待たせしました。ついにMODを入れたサーバーに入りたいと思います
魔理沙
どんな感じか楽しみなんだぜ

Minecraftアプリを開き、Forgeを選択して「プレイ」を押してください。

ここで一度MODが追加されているか確認するため、『Mod』を選択してください。

MODが追加されているか確認しましょう。ここでは『CutAll SMP』が追加されているのがわかると思います。
追加されているのを確認したら『完了』を押してください。

もし、MODを入れ忘れたor場所がわからなかった場合は、『Modフォルダー開く』を押し、MODを配置してください。
そして一度マイクラを再起動し、MODが入っているか確認してください。

では、早速MODサーバーにアクセスしてみましょう。『マルチプレイ』を選択してください。

サーバーを追加』を選択します。

サーバーの情報を入力し、『完了』を押します。

右側に、緑色の電波マークとチェックマークが出ていれば準備は整っています!サーバーにアクセスしてみましょう!

アクセスできました。サーバーを使う場合、マイクラの時間はどんどん進むので、夕方になってました。

魔理沙
やったぜ!私にもMODを入れたマイクラサーバーを構築することができたぜ
ゆう
読者の皆様もお疲れ様でした!これでMOD入りのマイクラサーバーを立てることができました!

朝になるのをまって木を切ってみました。一発で木が伐採できます。楽ですね笑

OP権限を付与する方法

自分にOP権限(管理者権限)を与える方法です。っと言ってもすぐできます。

サーバーを起動した状態で入力してください。

op <ユーザー名>

これ以降は、ゲーム画面でOP権限(管理者権限)を付与する人を登録できます。

/op <ユーザー名>

まとめ

今回はConoHa VPSを利用して、MODを導入できるマイクラサーバーの構築方法を解説しました。

「マイクラでMODサーバーを作るのって大変そうだな」なんて方も、しっかり手順を踏めば案外簡単にMODサーバーを立てられたのではないでしょうか。

是非MOD入りのマイクラを楽しんでください!

ゆう
MODの入れ方だったりテキストの編集だったりは、今後自分でさらにカスタマイズするときに使うから、是非覚えてね!
魔理沙
みんなでマイクラライフを楽しもうぜ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事