【Python】2ステップでvenv仮想環境を作成・有効化する
スポンサーリンク

ここではMac, windowsにおけるPythonでvenv仮想空間を作成・有効化する方法を説明します。とりあえず仮想環境作ってみようって人向けです。簡単に真似できます。

スポンサーリンク

環境

OSmac OS Catalina 10.15
Python3.7.3

Python3.3以降は今回扱う「venv」が標準搭載されています。
該当する人はここからコードを見てください。

自分の使っているPythonのバージョンがわからない方は以下のコマンドを実行してください。

コマンドライン コピー

python -V

※他のサイトを見ると「python -V」はpython2系、「python3 -V」はpython3系を出力する人もいるみたいです。「Python 2.7.15」のように出力された人は下のコマンドも試してみてください。

コマンドライン コピー

python3 -V

どうでしょうか。もし、Python3.3以降でしたら問題ありません。ここからコードを試してください。

スポンサーリンク

なぜvenvなのか

バージョン 3.6 で非推奨: Python 3.3 と 3.4 では、仮想環境の作成に推奨していたツールは pyvenv でしたが、Python 3.6では非推奨です。
バージョン 3.5 で変更: 仮想環境の作成には、 venv の使用をお勧めします。

https://docs.python.org/ja/3/library/venv.html#creating-virtual-environments

と公式がおっしゃっています。

スポンサーリンク

コード

今回は仮想環境ディレクトリの名前を「venv」としています。もちろん自分で自由につけられます。

また、現在「example」ディレクトリにいるという仮定で話します。名前はなんでもいいですが、その直下に作る感じです。

1. 仮想環境を作成

コマンドライン コピー

python3 -m venv venv

「example」ディレクトリ直下に「venv」という名前で作成します。
-m venvで仮想環境作成、その次のvenvでディレクトリの名前です。絶対パス・相対パスで指定します。

2. 有効化

Mac

コマンドライン コピー

source venv/bin/activate

Windows

コマンドライン コピー

venv\Scripts\activate

どちらも「venv」のところは自分で決めたディレクトリの名前を入力してください。

以上で仮想空間の作成・有効化ができました。簡単ですね。

3. 仮想環境から脱出

コマンドライン コピー

deactivate

これで仮想環境から脱出できます。

以上です。ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事