【マイクラ】screenを利用して仮想端末でサーバーを動作させる

注意点

このサイトで紹介するscreenは、WIndows上に建てられたマイクラサーバーには利用できません。(仕様上です。すみません。)Linux(CentOS/Ubuntu)・Macが前提なので、注意してください。

今回はscreenを利用してマイクラサーバーを動作させようと思います。

マイクラサーバーでscreenを利用するメリットは3つあります。

  • SSH接続を切断してもマイクラサーバーを動作させたままにできる
  • 起動したマイクラサーバーのプロセスに再度接続できる
  • 不慮の事故でサーバーとの切断が切れても、マイクラサーバーの動作に影響しない

サーバー運営者はぜひscreenを利用してマイクラサーバーを立てましょう。損はしませんよ。

screenのインストール

では、早速screenを導入していきます。インストール方法がOSによって違うので注意してください。

CentOS

CentOS8(Stream)

screenをインストールするために、EPELという物を導入します。screenをダウンロードするために必要なものだと思ってください。

sudo dnf install -y https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-8.noarch.rpm

screenをインストールします。

sudo dnf install -y screen

👇次の章に移動

CentOS7以前

yumで一発です。

sudo yum install -y screen

👇次の章に移動

Ubuntu

aptで一発です。

sudo apt install -y screen

👇次の章に移動

Mac

Macには標準でscreenが入っています。しかしバージョンが古いです。

そのため、今回はHomebrewを利用して最新版を入れていきます。

Homebrewを入れていない方は以下のコマンドを入力してください。

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

💡参考記事brew.sh

Homebrewを利用して最新版のscreenを導入します。

brew install screen

screenを利用してマイクラサーバーを起動する

あらかじめサーバーにSSH接続をしておいてください。

(このサイトでConoHa MODサーバーを立てた場合)マイクラサーバーがあるディレクトリに移動します。

cd /usr/local/games/minecraft

サーバーを起動します。その際、先頭にscreenという文字を追加します。(起動するjarの名前は各自の環境に合わせて変更してください。このサイトでConoHa MODサーバーを立てた場合はこのままでOKです。)

screen java -Xmx768M -Xms768M -jar minecraft_server.jar nogui

これでSSH接続を切っても大丈夫です。(本当はビミョーですが)、×ボタンでSSH接続を切断してもマイクラサーバーは起動したままです。

起動したマイクラサーバーのプロセスにアクセスする

マイクラのプロセスにアクセスする方法です。SSHでサーバーにログインした状態から始めます。

以下のコマンドでscreenのプロセス一覧を見ます。

screen -ls

There is screen on:に続いて数字が出てきます。写真では28419です。

確認した数字をscreen -rに続けて入力します。

screen -r XXXXX

これでマイクラのプロセスを確認できます。