【比較】マイクラにおすすめのレンタルサーバー3選【厳選しました】
この記事はこんな方ににおすすめ
  • 常時起動している、みんなで遊べるマイクラサーバーを構築したい!
  • コマンドとか無理!できるだけ簡単にサーバー建てたい!
  • 自宅パソコンだと遅い・・・サーバーをレンタルして快適に遊びたい
  • 結局マイクラに向いているレンタルサーバーって何よ!!
ゆう
こんにちは、ゆうです。
ばーど
ばーどです

この記事の内容

  • マイクラレンタルサーバーを比較する3つのポイント【失敗を避ける】
  • おすすめのマイクラレンタルサーバー3選
  • マイクラレンタルサーバーの比較表
  • まとめ

マイクラは一人で遊ぶのはもちろん楽しいですが、みんなで一緒にマイクラをするマルチプレイはもっと楽しいですよね!

しかし、マルチプレイを自宅パソコンなどで行うと、パソコンにかなりの負担がかかり、電気代もかなりかかります。その際に使われるのがレンタルサーバーです。

そこで、このサイトでは、マイクラにおすすめのレンタルサーバーをお金・パフォーマンス・利便性という基準で厳選し、その中でも特にお勧めできるレンタルサーバーを3つ紹介します!

ではいきましょう!

※結論だけ欲しいって方はこちら

※マイクラサーバーはレンタルサーバーを利用する他にも、様々な方法でマイクラサーバーを立てる事ができます。興味がある方は、『マイクラマルチサーバーの立て方5選』をご覧ください。

マイクラレンタルサーバーを比較する3つのポイント【失敗を避ける】

マイクラレンタルサーバーを比較する3つのポイント【失敗を避ける】

ばーど
マイクラができるサーバーって調べると、いろんな情報が出てきてどうやって比較すればいいのかわからないんだよ。。。
ゆう
何で比較するかを考えるといいよ。比較する基準があるとマイクラレンタルサーバーを比較しやすいよね。

  • お金(価格・初期費用・支払い方法)
  • パフォーマンス(スペック・安全性)
  • 利便性(プラン選択・セットアップ・拡張性)

マイクラのレンタルサーバーを比較するに当たって気にするべきポイントは3つ。皆さんも気にされているポイントだと思います。

なお個人的な感覚ですが、他のネットワークサービスを比較するときも、この基準を使うと失敗しにくいですよ笑

比較基準①:お金(料金・初期費用・支払い方法)

比較基準①:お金(料金・初期費用・支払い方法)

一番わかりやすい比較基準として、お金が挙げられます。もちろん料金が安いレンタルサーバーの方がいいですもんね(笑)

また、月々かかる料金以外に気になるのが初期費用の有無支払い方法の多様性です。

いろんな支払い方法があったほうが便利ですよね。

比較基準②:パフォーマンス(スペック・安全性)

比較基準②:パフォーマンス(スペック・安全性)

パフォーマンス・安全性は高いに越したことはありません。そりゃあそうだって話ですよね。

比較基準③:利便性(プラン選択・セットアップ・拡張性)

比較基準③:利便性(プラン選択・セットアップ・拡張性)

この中でも、特に気になるのがセットアップだと思います。いわゆる「黒い画面(コンソール)」にコマンドを打ちたくない。。。なんて方もいると思います。

また、『プレイ人数が増えてきてサーバーが重いなぁ。。。サーバーのスペックをあげたいなぁ。。。』なんて思うこともあるでしょう。そんな時にプランを変更できたら便利ですよね。

なお、今回紹介するレンタルサーバーは全て上位プランへの変更が可能です。

おすすめのマイクラレンタルサーバー3選

お待たせしました!マイクラレンタルサーバーにおすすめの3社をご紹介します。

👆上のリンクをクリックすると、該当する場所まで移動します

結論を言っちゃうと、おすすめ順は以上の通り。それでは各社の詳しい説明をみてみましょう。

また、比較をしやすくするため各社メモリは2Gで統一して表記してあります。

なお、各社のメリット・デメリットは『他社と比較してここが優れている!』というのをピックアップして記入しました。

各社の細かい比較表は『マイクラレンタルサーバーの比較表』で詳しく紹介しています。

なぜ上記の3社を選択したのか

はじめに確認しておくと、他社のレンタルサーバーを使ってもマイクラサーバーを立てることは確かにできます。

そんな中、なぜ上記の3社を選んだのか。1番大きな理由は、各社公式サイトでマイクラサーバーの設定方法を解説しているからです。

今回紹介するレンタルサーバーでは、唯一「KAGOYA CLOUD」だけマイクラサーバーを構築するためにコマンド操作を必要とします。しかし、公式サイトにやり方が記載されているので、やろうと思えば不可能ではないと思います。

では他社のレンタルサーバーでマイクラサーバーを立てようと思うとどうか。サーバーの知識がなければ自力で立てる事ができません。

このことを踏まえ、マイクラ用途を想定しており、皆様に安心しておすすめできる会社として3社選ばせていただきました。

第1位: ConoHa VPS

月額料金初期費用CPUSSD環境構築
1480円~1680円無料3Core100GB

第一位は文句なしでConoHa VPSです。料金・スペック・利便性を総合的に考えるとConoHa VPSが一番オススメできます。

オプションサービスも充実し、尚且つ料金が安くなるサービスが多数あります!さらに3ヶ月以上の長期利用を利用することで、月当たり料金が最大200円割引されます!

ゆう
いろんな割引サービスを利用すると、結局一番お得になったりするんだ。

ConoHa VPSでマイクラを構築するメリットはこのようなものがあります。

ConoHa VPSのメリット
  • Minecraft managerを使って、バージョンアップ・自動バックアップ設定などが簡単
  • マイクラサーバーテンプレートを使用する事で、コマンド操作なしにマイクラサーバーを立てる事ができる。
  • 支払い方法が多様。学生でも安心して利用する事ができる。
  • ConoHa学割利用で利用料金が10%OFFになる。

Minecraft managerは、バージョンアップ・自動バックアップ・ゲームモードの変更などのマイクラサーバー設定を、ブラウザから簡単に行えるツールです。

通常設定を変更するためには、コマンド操作をするひち雨ようがあります。その必要がないのは嬉しいですね。

デメリットには以下のものがあります。

ConoHa VPSのデメリット
  • 比較した基準ではなし。

ばーど
パフォーマンス・利便性から考えるとConoHa VPSが一番なんだね。
ゆう
そうだね。簡単にマイクラサーバーを構築できるのはやっぱりいいよね。

パフォーマンスがよく、環境構築が簡単にできるConoHa VPSはサーバーを運用するのが少し心配な人にはぴったりなサーバーです!

ConoHa VPSについて興味を持った方は『【難点あり】ConoHaでマイクラ【でも私はConoHaを選ぶ】』をご覧いただけると、ConoHa VPSに絞ったメリット・デメリットとよくある質問を確認できます。

ConoHa VPSを最大1ヶ月無料で体験できます。

記事を読んでConoHa VPSに興味を持たれた方は、1度無料でConoHa VPSの使い心地を体験してはいかがでしょうか。

>>ConoHaの無料体験クーポンはこちら
※当サイト限定1000円クーポンです
※1000円分使用するまで、ConoHa VPSを完全無料で体験できます

第2位: さくらのVPS

SAKURA internet
月額料金初期費用CPUSSD環境構築
1580円~1780円無料3Core100GB

第二位はさくらのVPSです。以前は有料だった初期費用が無料になりました!しかし、プランが少し複雑なことと、環境構築がConoHa VPSより少し難しいことを加味して第2位とさせていただきました。

ゆう
以前は初期費用として約2000円かかっていたんだ。

さくらのVPSでマイクラを構築するメリットはこのようなものがあります。

さくらのVPSのメリット
  • 14日間のお試し期間がある
  • メモリを増量する事で、他社よりSSD容量が大きくなる

デメリットには以下のものがあります。

さくらのVPSのデメリット
  • ConoHaよりマイクラサーバーを立てるのが難しい。
  • プランの選択が若干複雑で、わかりにくい。

ばーど
基本的にはConoHa VPSと変わらないけど、プランと環境構築が少しネックなんだね。
ゆう
さくらのVPSには14日間のお試し期間があるけど、ConoHa VPSのクーポンを使用する事で、実質無料で体験できるよ。

基本的にはConoHa VPSと似ているところもあります。しかし、プラン選択・環境構築の面で見劣りします。

第3位: KAGOYA CLOUD

レンタルサーバーのカゴヤ・ジャパン
月額料金初期費用CPUSSD環境構築
1100円無料2Core50GB×

第3位はKAGOYA CLOUDです。

上位2社と比べると、値段・スペック・利便性の面で全体的に見劣ります。

さらにサーバーの種類が2種類あり、それぞれ料金が別になっています。そのため、プラン選択が結構難しいです。

KAGOYA CLOUDでマイクラを構築するメリットはこのようなものがあります。

KAGOYA CLOUDのメリット
  • ConoHa・さくらのVPSより安い(ただし2Gプランのみ)
  • SSD容量を選択できる(料金設定が変わります)

デメリットには以下のものがあります。

KAGOYA CLOUDのデメリット
  • プランを選択するのが複雑
  • ストレージ容量・CPUコア数が見劣りする。
  • セットアップは自分自身で行う必要がある。

ゆう
KAGOYA CLOUDは他社と比較してしまうと、中途半端な価格・パフォーマンス・スペックだね。マイクラサーバー として使うことはあまりないかな。

マイクラレンタルサーバーの比較表

ここでは、各社のVPSを細かく比較しました。

※ここからは細かい話になります。基本的に『お金(料金・初期費用・支払い方法)を比較する』を見ていただければ大丈夫です。

お金(料金・初期費用・支払い方法)を比較する

まずはマイクラサーバーの月当たり料金を比較してみましょう。

各社メモリの量によって料金が変化するので、メモリごとに分けて料金を表示しました。

2G(~4人)4G(5~10人)8G(11人~)
ConoHa VPS1440円~1680円2930円~3280円5860円~6680円
さくらのVPS1580円~1780円3200円~3600円6400円~7200円
KAGOYA CLOUD979円~1100円3300円~3850円7150円~7700円
※料金に幅がある理由
ConoHa VPS: 長期利用ほと値段が安くなります。
さくらのVPS: データサーバの場所によって違います
KAGOYA CLOUD: SSDの容量よって違います

2Gプランの場合、KAGOYA CLOUDの料金が一番安い事がわかります。
しかし、環境構築を自分でやらないといけない上、4Gプランにすると途端に値段が上がります。

そのため、①自分で環境を構築できる②少人数プレイ(~4人)をずっとする場合はKAGOYA CLOUDを使ってもいいかもしれません。

ただ、割引サービスなどを使うと、結局ConoHa VPSの料金が一番安かったりします笑

次に初期料金・支払い方法を比較してみましょう。

初期費用支払い方法
ConoHa VPS無料クレジットカード
ConoHaチャージ
Amazon Pay
銀行決済
コンビニエンスストア払い
PayPal
Alipay
ConoHa カード
さくらのVPS無料クレジットカード
銀行振り込み
請求書払い
自動口座振替
KAGOYA CLOUD無料クレジットカード
口座振替/銀行払込

初期費用は各社全て無料です。これは嬉しいですね。

支払い方法はConoHa VPSが圧倒的です。クレジットカード・口座を利用しないので、若い方でも安心して利用できます。

パフォーマンス(スペック・安全性)を比較する

次にサーバーのスペックを確認してみましょう。サーバーのスペックは各社メモリの量によって違うので、メモリごとに比較しました。

CPUSSD
ConoHa 2G
ConoHa 4G
ConoHa 8G
3Core
4Core
6Core
100GB
100GB
100GB
さくら 2G
さくら 4G
さくら 8G
仮想3Core
仮想4Core
仮想6Core
100GB
200GB
400GB
KAGOYA 2G
KAGOYA 4G
KAGOYA 8G
2Core
4Core
6Core
30GB~50GB
50GB~100GB
100GB~200GB

CPUは、、、ぶっちゃけ似たり寄ったりです。あまり比べなくてもいいと思います。

注目はSSDです。

KAGOYA CLOUDは初めから容量別に料金が分かれています。
ConoHa VPSとさくらのVPSは追加プランという形でSSDを増量できます。

容量をみていただければわかるように、4Gプラン・8GプランになるとさくらのVPSの容量が圧倒的に大きいです。容量を気にされる方はさくらのVPSを検討してもいいのかもしれません。

ただ、普通に遊ぶ分にはConoHa VPSの100GBでも問題ないと思います。

安全性は会社・設立から見ます。

会社設立
ConoHa VPSGMOインターネット株式会社1991年5月24日
さくらのVPSさくらインターネット株式会社1999年8月17日
KAGOYA CLOUDカゴヤ・ジャパン株式会社1983年9月22日

3社とも設立から20年を超えています。

利便性(プラン選択・セットアップ・拡張性)を比較する

プラン選択は、ぶっちゃけConoHa VPSが一番簡単です。

さくらのVPSではデータサーバーの場所を選択する必要があり、KAGOYA CLOUDにはそもそもプランがKVM・OpenVZの二種類があり、さらに料金が細かく分かれているなど、とっても使いにくいです。
※なお、今回の比較では公式サイトがマイクラサーバーを立てるのにオススメしているKVMを基準にしています。

セットアップはConoHa VPS・さくらのVPSには自動でマイクラサーバーを構築してくれる機能があります。KAGOYA CLOUDでは自分で構築しなければいけません。

拡張性も、SSD増量プランがConoHa VPS・さくらのVPSにはありますが、KAGOYA CLOUDにはありません(KVM)。

まとめ

以上、ここまでマイクラにおすすめのレンタルサーバーを紹介しました。

今回紹介したマイクラレンタルサーバーはこちらです。

ばーど
自分のニーズにあったレンタルサーバーを選ぶのがいいね。
ゆう
自分にあうレンタルサーバーを使って楽しいマイクラライフを!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事