【初心者OK】ConoHaでマイクラマルチサーバーを立てる方法

悩んでいる人
悩んでいる人
  • ConoHa VPSでマイクラサーバーを立てたい
  • ConoHa VPSをお得に利用する方法を知りたい
  • ConoHa VPSのマイクラサーバーをカスタマイズしたい

この記事は、このような疑問を解決します。

この記事の内容

当記事はConoHa VPSを使ったマイクラサーバーの立て方を、網羅的に解説しています。

ConoHa VPSでマイクラマルチプレイをはじめたい!」という方はぜひ、じっくりご覧ください。

目次

【結論】ConoHa VPSはこんな方にオススメ

【結論】ConoHa VPSはこんな方にオススメ
この画像は公式サイトからダウンロードできます!

ConoHa VPSは「マイクラマルチをしてみたい!でも、サーバーとか正直よくわからない…」という、マイクラサーバー初心者の方にオススメです。

ConoHa VPSにはマイクラサーバー初心者に優しい、3つのポイントがあります。

  • マイクラサーバーを自動構築できる
    面倒なサーバー構築をせずに、マイクラマルチプレイを楽しめる
  • 基本的なサーバー設定をパソコン・ブラウザから変更できる
    コマンドを使わず、ボタン一つで設定を変えられる
  • 無料でワールドバックアップできる
    荒らしや火事など、不測の事態に備えられる

3つのポイントを他のVPSサービスと比較してみましょう。

ConoHa VPSさくらのVPSKAGOYA CLOUD
マルチサーバー自動構築機能×
マルチサーバー専用管理ツール××
自動バックアップ×△(有料オプ)
VPS3社の比較はこちらの記事をご覧ください

正直なところ、ConoHa VPSより安いレンタルサーバーがあるのは事実です。例を挙げると、KAGOYA CLOUDの2GプランならConoHa VPSより月700円程度安いです。

しかし、マイクラサーバー構築だけでなく、サーバー管理まで簡単に出来るのはConoHa VPSだけです。

難しい作業をせず、手軽にマイクラマルチプレイを楽しめるのがConoHa VPSです。是非、この記事を参考にConoHa VPSでマイクラサーバーを立ててみてください。

>>700円クーポンでConoHa VPSを無料体験してみる

【徹底解説】ConoHa VPSの料金プランと、3つのお得な利用方法

【徹底解説】ConoHa VPSの料金プランと、3つのお得な利用方法
この画像は公式サイトからダウンロードできます!

この章では、ConoHa VPSの料金プランとお得に利用する3つの方法について解説します。

ConoHa VPSの料金プラン

ConoHa VPSの料金プランは次の通りです。初期費用は無料です。

メモリ2Gメモリ4Gメモリ8G
月額料金1848円/月3608円/月7348円/月
時間料金3.3円/時6.6円/時13.2円/時
目安人数4人以下5~10人11人以上
CPU3コア4コア6コア
SSD100GB100GB100GB

申し込むプランを選ぶ際は「一緒に遊ぶ人数」を頭の中にイメージしてみましょう。その人数に応じて利用するプランを選びます。

支払い方法について

ConoHa VPSではさまざまな支払い方法を利用できます。

ConoHa VPSで利用できる支払い方法一覧

  • クレジットカード
  • ConoHaカード
  • ConoHaチャージ
    • クレジットカード
    • Amazon Pay
    • 銀行決済(ペイジー)
    • コンビニエンスストア払い
    • Paypal
    • Alipay
クレジットカードConoHaカードConoHaチャージ
支払い形式後払い先払い先払い
支払い方法優先順位※1312
学割××
備考基本はクレカ学割あり多様な支払い方法に対応
※1:複数の支払い方法を登録時、どの方法が優先的に利用されるか

ConoHaカードは先払い方式のプリペイドカードです。学割対象なので学生の方にお勧めです。(実際の利用方法は『ConoHa学割を利用する3STEP』をご覧ください。)

↑ConoHaカードの一例です。

ConoHaチャージは入金した金額分利用できる前払い方式です。多くの支払い方法に対応しています。

↓支払い方法の入力画面に戻る

利用料金の計算方法について

ConoHa VPSの料金は1時間ごとに時間料金で計算されますが、1ヶ月間どんなに利用しても月額料金は超えません。また、利用するプランは自由に変更できます。

言葉では少しわかりにくいので、例を用いて解説します。

2Gプランを6時間利用
→3.3円×6時間=19.8円

2Gプランを30日利用
→3.3円×24時間×30日=2376円だが、月額料金を超えたので実際の料金は1848円

2Gプランを30日利用。ただし、そのうち6時間だけ4Gプランに変更した。
→2Gプラン分は月額料金を超えるので1848円。4Gプランは6.6円×6時間=39.6円。合計料金1887.6円

私の利用明細です。こんな感じで利用料金が計算されます。

利用料金は毎月月末に集計され、翌月1日にまとめて支払います。(下の参考画像をご覧ください。)

※請求金額が0円になっていますが、ConoHaカードの残高がクレジットカードより優先的に利用されたからです。

ConoHa VPSをお得に利用する3つの方法

ConoHa VPSにはサーバーをお得に利用できる、3つの方法があります。

1つ目に紹介する方法は契約前・契約後どちらも利用でき、他の方法は契約後に利用できます。

具体的にはこの3つです。契約前後で利用できるVPS割引きっぷだけでも、ちらっと確認してみましょう。

【最大23%OFF】VPS割引きっぷを利用する

VPS割引きっぷは、長期利用するほど料金がお得になるサービスです。具体的な月当たり料金は以下の通りです。

2GB4GB8GB
通常料金1848円3608円7348円
3ヶ月1815円3520円7260円
6ヶ月1793円3465円7205円
12ヶ月1599円3036円6477円
24ヶ月1529円2996円6204円
36ヶ月1458円2966円5931円

期間限定キャンペーン中です

ConoHa VPSでは現在、12ヶ月以上のVPS割引きっぷが最大23%割引される「おうち時間応援キャンペーン」を実施しています。普段よりオトクにVPS割引きっぷを利用できます。

例えば2GBプランを36ヶ月契約すると、月当たり390円、36ヶ月で14040円お得に利用できます。

また、VPS割引きっぷには以下の特徴があります。

  • VPSを申し込む際、同時に購入できる
  • すでに利用しているVPSにも適応できる ←
  • VPS割引きっぷを、他のVPSに付け替えられる

注目は2つめです。マイクラサーバーを立てた後でも割引を利用できます。

途中から利用する際のイメージ

VPS割引きっぷを使うと、通常料金より安くマイクラサーバーを利用できます。長期利用される方は是非、VPS割引きっぷを利用しましょう。

↓サービス・料金プランを決める画面に戻る

契約後にプランを変更する

プレイ人数に応じて契約プランを柔軟に変更すれば、お得にサーバーを利用できます。

例えば2Gプランを利用中の方が「今日6時間だけ大人数で遊びたい!」という場合、6.6円×6時間=39.6円の追加料金だけで大人数で遊べます。

反対に「普段は安いプランを利用して、必要な時だけ上位プランを利用する」なんて使い方もできます。

契約プランの変更はボタン1つで出来るので、ぜひ利用しましょう。

イメージ保存を利用する

イメージ保存を利用しても、サーバー料金を節約できます。

注意

サーバーを「停止」させるだけではお金がかかります。必ずイメージ保存を利用しましょう。

利用方法はとっても簡単です。サーバーを停止させ、イメージ保存をして、サーバーを削除するだけです。

復元する場合は、サーバー契約時に保存したイメージを選択するだけです。

ただし、イメージ保存には注意点が3つあります。

  • 無料なのは50GBまで(普通のワールドなら十分対応可能)
  • 90日間利用されなかったイメージは削除される
  • IPアドレスが変化する

注意点に気をつければ、イメージ保存を利用してサーバー料金を大きく節約できます。

>>700円クーポンでConoHa VPSを無料体験してみる

【10分・3ステップ】ConoHa VPSでマイクラマルチサーバーを立てる方法

【10分・3ステップ】ConoHa VPSでマイクラマルチサーバーを立てる方法
この画像は公式サイトからダウンロードできます!

この章では、マルチサーバーの立て方を3ステップで解説します。10分程度で作成したマイクラサーバーで遊べます。

具体的には次の3ステップです。

それでは、早速ConoHa VPSを使ってマイクラサーバーを立ててみましょう。

①:ConoHa VPSのアカウントを作成する

はじめにConoHa VPSのアカウントを作成します。「アカウント作成ページ」を開き、「今すぐお申し込み」をクリックしてください。

無料クーポン(700円)でConoHa VPSをお試しできます

ConoHa VPSでは現在、Minecraft manager提供開始キャンペーンを実施中です。アカウントを作成するだけで、無料でConoHa VPSを体験できる700円クーポンをゲットできます。

必要情報を入力する

必要事項を入力します。「はじめての方」の欄に必要事項を入力しましょう。入力が終わったら「次へ」を選択します。

ポイント

セキュリティ強化のため、パスワードは「英大文字・英小文字・数字」を最低1文字ずつ使用した9~70文字以内で設定します。

本人確認を行う

本人確認のため、電話番号を入力しましょう。電話番号を入力したら「SMS認証」または「電話認証」を選択してください。

「SMS認証」を選択すると、スマホなどに認証コードが届きます。認証コードが届かなかった場合、電話番号が間違っていないか確認しましょう。

受信した4桁の数字を「認証コード」の欄に入力して「送信」をクリックします。

支払い方法を入力する

お支払い方法を入力します。支払い方法を入力したら「次へ」をクリックします。

↑支払い方法について詳しく確認する

以上でアカウント作成は終了です。

②:マイクラサーバーを立てる

続いてサーバーのプランを選択します。プラン選択後、すぐにマイクラサーバーが立ち上がります。

まずはサービス・料金プランを選択し、次にエディション(Java版・統合版)とrootパスワードを決めます。

サービス・料金プランを決定する

サービスはminecraftを選択し、料金プランを選びましょう。

先ほと解説したように、お得に長期間利用したい場合はVPS割引きっぷを利用しましょう。

↑VPS割引きっぷについて確認する

エディション・rootパスワードを決める

エディションは統合版・Java版を選択します。

rootパスワードは、「英大文字・英小文字・数字・記号」を含めた9~70字以内に設定します。

rootパスワードとは

サーバー接続の際に必要なパスワードです。とても大切です。人には伝えず、忘れないように管理しましょう。

※ネームタグはサーバーを見分ける印のようなものです。後でも変更できるので今回は飛ばします。

全て入力できたら、「次へ」をクリックしてください。

以上でマイクラサーバーの立ち上げは終了です。

③:マイクラサーバーにアクセスする

最後に、立ち上げたマイクラサーバーにアクセスしてみましょう。

サーバーのIPアドレスを確認し、マイクラアプリからサーバーにアクセスします。

IPアドレスとは

サーバーの住所です。マルチプレイする際、友達に伝えます。

IPアドレスを確認する

サーバーリスト画面に移動しているはずなので、先ほと追加したマイクラサーバーの「ネームタグ」をクリックしましょう。

この画面と違う場合、画面左側の「サーバー」ボタンを押すと「サーバーリスト」に移動できます。

サーバー情報が表示されるので、この中の「IPアドレス」をメモしましょう。

マイクラアプリから作成したサーバーにアクセスする

パソコン上のマイクラアプリを起動しましょう。

アプリを起動したらマルチプレイを選択します。

「サーバーを追加」を選択します。

サーバー名と先ほと確認したIPアドレスを入力し、「完了」をクリックします。

正常にサーバーを確認できたら、緑色のバーが立っています。▶︎かサーバーに接続をクリックしてマイクラワールドに入ってみましょう。

おめでとうございます!作成したマイクラワールドにアクセスできました。

ワールドに接続できない時

パソコンとサーバーのマイクラバージョンが違う可能性があります。次に解説するMinecraft managerを利用してサーバーのマイクラバージョンを確認し、必要に応じてパソコン・サーバーのバージョンをアップデートしましょう。

【簡単ガイド】Minecraft managerを使ってみよう!

【簡単ガイド】Minecraft managerを使ってみよう!
この画像は公式サイトからダウンロードできます!

Minecraft managerを利用すると、サーバーの基本的な設定情報をパソコンやスマホのブラウザ(SafariやChrome)から簡単に変更できます。

この章では、Minecraft managerで変更できる設定Minecraft managerを利用する方法を紹介します。

Minecraft managerで変更できる設定

現在Minecraft managerで変更できる設定は6つor8つあります。

  • 最新バージョンへのマイクラアップデート
  • サーバーの起動・停止
    →サーバー本体ではなく、「マイクラサーバーだけ」を操作できます。
  • 自動バックアップ
  • PVP設定(Javaのみ)
  • ゲームモード変更
  • 難易度変更
  • ワールドサイズ
  • ワールドマップタイプ(Javaのみ)
    →ワールドの再生成

このうち、自動バックアップ機能は初期状態でOFFに設定されています。続けて、実際にMinecraft managerを利用して自動バックアップを設定してみましょう。

Minecraft managerを利用する方法

Minecraft managerはサーバー情報画面から開けます。

先ほどIPアドレスを確認した画面に移動し、左上にある「Minecraft管理」をクリックします。

ユーザー名(root)と、パスワード(VPSの初期rootパスワード)を入力し、「ログイン」をクリックします。

Minecraft managerの設定画面を開けました。

自動バックアップがOFFになっているので、ONに変更しましょう。

このようにMinecraft managerを利用して、とっても簡単にマイクラサーバーの設定を変更できます。

【カスタマイズ】マイクラサーバーの設定を変更する方法と手順

【カスタマイズ】マイクラサーバーの設定を変更する方法と手順
この画像は公式サイトからダウンロードできます!

基本的なサーバーの設定はMinecraft managerを利用して変更できますが、OP権限などは自分で設定する必要があります。

今回はマイクラサーバー設定の中でも、特に重要なものに焦点を当てて、その設定方法を解説します。

今回紹介するものの一覧です。Cyberduckアプリは必須なので、必ず入手しましょう。

【無料】まずはFTPソフト『Cyberduck』を使ってみよう

サーバーの設定をいじる際に、無料アプリCyberduckを利用します。

Cyberduckを使うと、サーバー内のファイルを簡単に追加・編集・削除できます。

CyberduckはWinSCPやFileZillaより操作が簡単で、初心者の方でも使いやすいです。(筆者も普段から愛用しています)

今回はCyberduckのダウンロード方法と、Cyberduckを利用したサーバーへのアクセスについて解説します。

※Cyberduckの詳しい使い方を知りたい方は『【マイクラ】サーバーのファイル操作はCyberduckでやろう』をご覧ください。

Cyberduckアプリをダウンロードする

Cyberduckのダウンロード方法は簡単です。Cyberduck公式サイトを開き、Windows・Mac用のアプリをダウンロードするだけです。

Cyberduckからマイクラサーバーにアクセスする

※写真はMacの画面ですが、Windowsでも同じように設定できます。

それでは、Cyberduckを使ってマイクラサーバーにアクセスしてみましょう。

はじめにCyberduckを開き、新規接続を選択します。

続いて画像と下の表を参考にしながら、サーバーの情報を入力してください。入力したら、接続をクリックします。

利用する通信方法SFTP
サーバーIPアドレスを入力
ポート22
ユーザー名root
パスワードrootパスワード
SFTPはファイルを暗号化して送受信する仕組みです

もし「このホストは現在システムに認識されていません」と表示された場合、常ににチェックを入れ許可を選択します。

これでサーバーに接続できました!

最後にマイクラサーバーがあるフォルダまで移動します。画像と同じように、/optminecraf_serverへ移動します。

/opt/minecraft_serverに移動できました。このフォルダ内にマイクラサーバーファイルが全て入っています。 

これ以降は、基本的にminecraft_serverにあるファイルを操作します。画面はこのままにしてください。

op権限(管理者権限)を付与する方法

OP権限はいろんな方法で設定できますが、今回は簡単にOP権限を設定できるops.txtを利用する方法を紹介します。

ops.jsonを利用した方法や他の設定方法は、別記事で詳しく解説しているのでそちらをご覧ください。

【マイクラ】op権限(管理者権限)をユーザーに設定する4つの方法

まずは/opt/minecraf_serverにいるかを確認しましょう。

続いてops.txtを作成・保存します。ファイルが無いところで右クリックしops.txtという名前で新規ファイルを作成します。

追加されたops.txt上で右クリックエディタで編集好きなエディタを選びます。(Windowsは「メモ帳」・Macは「TextEdit」でOK)

ユーザーIDをops.txtに追加します。複数ユーザーの場合は改行して入力しましょう。

入力できたらops.txtを保存します。普段通りに保存してください。正常に保存できたら「アップロード完了」というメッセージが表示されます。

最後にマイクラサーバーを再起動します。再起動は、Minecraft managerの「Minecraftサーバー」を停止→起動と変更するだけです。(↑Minecraft managerの使い方)

サーバーを再起動すると、ops.txtに追加したユーザー情報がops.jsonに追加されます。(サーバーを再起動したら「更新」ボタンを何回も押してみてください。)

サーバー再起動前
サーバー再起動後

以上でOP権限の付与は終わりです。OP権限の細かい設定方法は「【マイクラ】op権限(管理者権限)をユーザーに設定する4つの方法」をご覧ください。

ゲーム難易度を変更する方法

サーバーのゲーム難易度を変更するためにはserver.propertiesを編集する必要があります。

初期状態で難易度はイージーに設定されているので、今回はノーマルに変更してみましょう。

Minecraft managerのアップデートにより、ゲーム難易度も簡単にMinecraft managerで変更できるようになりました!

しかしserver.propertiesの変更例を示すために、念のためにこの章を残しました。

参考

一時的なゲーム難易度の変更は、OP権限レベル2以上で出来ます。ただし、サーバーを再起動するとserver.propertiesに記載されたゲーム難易度に戻ります。

/difficulty <設定したい難易度>

まずは/opt/minecraf_serverにいるかを確認しましょう。

続いてserver.propertiesを編集・保存します。server.propertiesを右クリックエディタで編集を選択します。

ファイル内からdifficultyを探します。

比較的上の方にあります

difficultyを、設定したい難易度に変更します。今回はnormalに変更しました。

ピースフルイージーノーマルハード
peacefuleasynormalhard
変更前
変更後

変更したら普通にファイルを保存します。

最後にマイクラサーバーを再起動します。再起動は、Minecraft managerの「Minecraftサーバー」を停止→起動と変更するだけです。(↑Minecraft managerの使い方)

難易度がノーマルに変更されました。

他のserver.properties設定も同じような手順で変更できます。

手動でファイルをバックアップする方法

Cyberduckアプリを利用すると、簡単に手動バックアップが出来ます。

今回はバックアップ方法と、バックアップしたファイルに置き換える方法を紹介します。

ファイルを手動バックアップする

バックアップ方法は、バックアップするファイルをパソコン内にダウンロードするだけです。

バックアップしたいファイルの上で右クリックダウンロードを選択します。

マイクラサーバー全てをバックアップしたい場合は、/opsに戻り、minecraft_server上で右クリックダウンロードを選択します。

サーバー内のデータをバックアップしたデータに置き換える

パソコン上にあるバックアップファイルを、Cyberduck上に移動するだけでファイル(フォルダ)を置き換えられます。

置き換えたいファイルをCyberduckアプリ上に移動します。

このようなメッセージが出てくる時があります。いずれかを選択しましょう。(消去を押しても、ファイルは削除されません。送信「履歴」が削除されます。)

上書きするファイル名を確認し、続けるを選択します。これでファイルが上書きされます。

以上でサーバー設定を変更する方法の解説を終わります。

まとめ

  • ConoHa VPSは「マイクラサーバー初心者の方」にオススメです
  • ConoHa VPSは工夫次第で、かなりお得に利用できます
  • マイクラサーバーは10分で立てられます
  • Minecraft managerはマイクラサーバーの設定を簡単に変えられます
  • Cyberduckを使って簡単にサーバーの設定を変更しましょう

ConoHa VPSを使えば、マイクラサーバー初心者の方でも簡単にマルチサーバーを立てることができます。

是非当サイトを参考にマイクラサーバーを立てて、友達とマルチプレイを楽しんでくださいね!

>>700円クーポンでConoHa VPSを無料体験してみる